ほう~
点滴カフェですと!!!!ありには天敵です
絶~対行かない
でも点滴とか好きな人いるよね。うちの友達もなにかあるとすぐに点滴打ちに行くもん!考えられないね


ところで話は変わるけど、今回の堀江メールどうなのよ。まあ武部さんは今回上手く逃げたけどさあ~
政治家なんてはたけばいろんな物が出てくるじゃない?国民が知らないだけでさ。公費なんて完全に自分のために使ってるし。地方自治体なんてお金がありませんなんて言ってるけど、裏金はいっぱい持ってるし。各省庁なんて自分達の娯楽に公費使ってるじゃない

国民のみなさんはどう思うんでしょうね。こうゆうの。あんな調査が入ったら武部さんだけじゃなくて、み~んな芋づる式に出てくるんだろうね~
スポンサーサイト

テーマ:それでいいのか日本国民 - ジャンル:政治・経済

[2006/02/24 09:27] 体のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | @
こんなのもある
点滴バーってのがあるんだよね。
ぱっと見、ふざけてんのかなあと思ったら、結構まとも。
いや、医療もやるなって思ったぞ。
http://www.musubiha.com/tenteki.html

テーマ:元気になるヒント - ジャンル:心と身体

[2006/02/22 15:17] 体のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | @
サイエンスカフェ?
今いろんなカフェがあるよね。編み物とかさ。まんが喫茶なんてのがすべての始まりなのかな?まあいいけど。

こうゆう場所があるっていうのがいいよね
趣味関係でも、こうゆう勉強系でも、もっといろんな種類があってもいいような気がする。そんで、いろんな人がいつでも参加できるようになればいいのにね~



テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2006/02/20 09:37] お話し | トラックバック(0) | コメント(0) | @
サイエンスカフェ
ありちゃ~ん、こんばんは~。
以前から、いろいろと勉強をしたい。いろいろな人と話をしたい。教えること、教えられることそれぞれの対場で。なんて言っていたよね。
浅色の雲の会で、それができたら良いなって。
で、この前ラジオでサイエンスカフェなるものが紹介されてたんだよ。
http://www.sci.tohoku.ac.jp/cafe/index.php

誰でも、コーヒーいっぱい程度で話が聞けるらしいよ。
最初の30分が最新の科学を分かりやすく話して、次の30分が各机に東北大学の教員や大学院生がいて歓談、質疑応答、最後の30分が全体的な質疑応答なんだって。

続きを読む

テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2006/02/16 23:50] 社会資源 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
ありです。
おはよう
皆さんはにきびって出来ました?ありは今でもたま~~~~~に出来たりします(それって吹き出物じゃあ
学生時代からすごく出来たわけじゃないけど、たまに出来たりするのがずっと続いてます。

昔はにきびは青春の象徴みたいなこと言われていたそうですが、
今では1つの病気と考えられてるそうです。そうなんだ~って感じですけどね。

そもそもにきびってのは体から出る皮脂とかが外の細菌とかと一緒になることで、そこが炎症を起こす状態ですよね(本当に?・・・・・たぶん・・・)

だからほんの数箇所くらいならまあ問題はないけど、例えば顔全体とかそんな風になると病気と認定されて、抗生物質なんかが処方されるんだって  と言うお話でした。



テーマ:健康第一 - ジャンル:心と身体

[2006/02/16 09:44] 体のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | @
うがい
浅井君~そんなこと言ったら耳鼻科の先生達困っちゃうでしょ毎回うがい薬出してんだから。
まあ他の菌も殺しちゃうけど、それでも風邪の菌を殺しとかないと後々と大変なことになったら困るもんね。風邪が脳に入って脳炎を起こすこともよくある話だし

ところでさ~この口の中の菌って人体に対して拒否反応を起こさないんだって。だから口の中の菌を培養して、培養皮膚を作って患部に移植するって事が始まってるんだって。

例えば、がん患者さんなんかは抵抗力も落ちてるし、手術なんて大変じゃない?そんで術後に拒否反応が起きてなんて事があるらしいけど、その確率が減るよね。あとお子さんなんかもいいよね。

しかも、この方法で培養した培養皮膚は本人だろうが他人だろうがどちらも拒否反応がないんだって!医学は日々進化してるねえ~~~~~

テーマ:たわごと - ジャンル:心と身体

[2006/02/13 09:10] お話し | トラックバック(0) | コメント(0) | @
ただいまっの後はっ~♪
いやいや、患部に塗っても効果は同じだよ。
未確認情報によると、人間に対して有益な常在菌も殺しちゃうし、粘膜を壊す(聞いたときは、焼けるって表現していた。)って言ってたよ。何人かに聞いたけど。
だから、健康時に予防としてのうがいは水の方が良いということ。
でも、発病した場合は、その副作用があっても殺菌したほうが良いってことじゃないかな。

テーマ:健康第一 - ジャンル:心と身体

[2006/02/09 19:00] 体のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | @
待ち組って何?
浅井君、待ち組なんて初めて聞いたよ
なんだそりゃって感じだな・・・・・・・

まあいいや。前に書いてたけど、うがい薬ね。そうそう。水でうがいした方が風邪引きにくいよね。
うちの子達もそうだったよ。保育園で集団生活してて、園では水でうがいなんだけど、家ではうがい薬を使ってる所もあってさ。
そうゆう子の方が風邪引きやすかった気がする

まあどちらが効くかは微妙だよね。だって風邪で医者行くと、必ずのどに変な物塗られるでしょ?
あの変な味するやつあれとうがい薬は同じだから、たぶんうがい薬はうがい用よりも患部に塗ったほうが効くんじゃないかな。
だから水でうがいをして菌を流した後で、うがい薬(塗るタイプもあるよね)を患部に塗るとばっちりなんじゃないかな

テーマ:たわごと - ジャンル:心と身体

[2006/02/07 09:15] お話し | トラックバック(0) | コメント(0) | @
ま、「待ち組み」って、いったい・・・
「『負け組』は立派だ。」で、話が通る国会って何なんだろう?
ズバリ話のすり替えですね。それとも、「勝ち組」、「負け組み」、「待ち組み」の中で誰が一番立派か決めようぜって言う議題だったんでしょうか??

話しの前後のつながりもあるだろうから、この記事だけで談じることは出来ないとは頭の片隅にあっても、とても立派な討論内容だとは思えないし、記事の内容(というか伝え方かな)も程度が低いんじゃないの?
今回はブツブツと独り言だい。

********************

反省すべきは「待ち組」…首相、猪口少子化相ら造語で

 小泉改革の結果として「勝ち組」と「負け組」の二極化が進んでいるという批判に対抗するため、小泉首相や猪口少子化相が「待ち組」という言葉を使い始めた。

 勝ち負けの“二元論”にくさびを打ち込み、改革の影の部分が論点になりそうな風向きを変えたいという思惑もあるようだ。

 「待ち組」は、フリーターやニートなど「挑戦しないで様子をうかがう人」を意味する造語。猪口氏は1月31日の記者会見で、「『負け組』は立派だ。その人たちは戦ったのだから。本当に反省すべきは『待ち組』だ」と述べて、フリーターらの奮起を促した。

 小泉首相も2日の内閣メールマガジンの中で「待ち組」の存在を指摘し、「そういう人々も持てる力を存分に発揮し、創意工夫を活(い)かすことができる社会にしなくてはならない」とつづった。

 こうした首相の呼びかけに連動するように自民党では、衆院当選1、2回を中心とする若手議員約50人が2日、「若者を応援する若手議員の会」を発足させた。会長の西村康稔衆院議員は設立総会で、「猪口大臣も全面的に協力する。若い世代の声を吸い上げ、国民運動を盛り上げていきたい」と訴えた。

 同会は6月までにフリーター・ニートや少子化対策に関する政策を提言する方針だ。
(読売新聞) - 2月5日1時24分更新

テーマ:小泉首相 - ジャンル:政治・経済

[2006/02/06 13:42] 時事 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
きたなあ
ありちゃん、その上からのもの言いと、したり顔。
ま、いいやっ。

いわゆる雨が降る原理と同じって感じかな。この場合はウイルスが水分を集める芯の役目になって、重くなって落ちるってことかあ。なるほどね。
と、い・う・こ・と・は~
続きを読む

テーマ:健康第一 - ジャンル:心と身体

[2006/02/05 17:57] 体のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | @
今日は大丈夫よ
で、なんだって?浅井君?何でウィルスが落下かするんだって?
しょうがないなあ・・・・・またまた仕事中に書いてあげよう

調べた所によると・・・・・そもそもウィルスにも微妙~~~に水分が入ってるんですよ。で、湿度が上がるとウィルスがその水分を取り入れちゃうんですよ

で~お馬鹿なウィルスは取り込んだ水分で重くなり、落下するのです。

だから湿度は大切なんですね。でもやりすぎはいけませんよ!カビとか違う物が出てきちゃいますからね

テーマ:インフルエンザ対策 - ジャンル:育児

[2006/02/02 10:09] お話し | トラックバック(0) | コメント(2) | @
| ホーム |