リクエストにお答え~
妊娠中と障害についてのお話が出たので。といっても知的障害だけでなく、身体障害も含まれちゃいますけど。。。。。

というのは、やっぱりどんな障害を持ってくるかは生まれてみないとわからないし、突然変異的なものも多く含まれるし。。。。

もちろん生まれたときはわからなくても、数年してわかる。何てこともざらではないので。。。。



さて、ここまで踏まえて話をしますか。有名なのはサリドマイド児だよね。妊娠中に薬を服用した結果身体障害児が生まれてしまった。というもの。当時は安全薬だと言われていたんだけど、実際には問題があったんだよね。
妊娠中の薬は怖いんだよね。市販の風邪薬でも同じことで、妊婦さんが風邪を引いたら病院で処方してもらうのがいいんだよ。本当は飲まないのがベストなんだけどさ。
薬は母体を通って胎児に行ってしまうから、抵抗力のない胎児にとってはかなりの負担になってしまったり染色体に異常が出てしまうことがあるんだよ。結局それが障害児になってしまうだけど。。。。

次に栄養に関して。これは研究がまだあまりできていないから結果は出てないんだと思うけど、母体の栄養が足らなかったり偏ったりしていれば胎児も栄養不足になるね。もし胎児に栄養がいきわたらなかったら不完全な状態で生まれてくるからこれも何らかの問題を抱えやすいよね。

それと母体のストレスによるもの。妊娠中に母体が過剰なストレスを抱えると胎児に影響するんだよ。流産することもあるし。たとえばだんなの浮気とか~DVとかもね関係あるんだよ。
それによって妊婦さんが不安定になって、アルコールとかに手を出すと最悪だね。

妊娠中にアルコールを摂取すると、羊水にアルコールが混じったりそのまま胎児に言ってしまったりすると、胎児なのにアルコール依存症みたいになってしまうんだよ。これも障害だね。

その他、突然変異的なものや脳の異常と言われているけど未だ研究途中で答えが出てないものがあるね。これが大半だけど、ダウン症や自閉症なんてのはこれでしょう。

と、かなり大雑把にが~~~~と書いてしまったけど、大体このくらいの知識です。まだまだ勉強中だしね(~o~)    絵文字名を入力してください


スポンサーサイト
[2007/11/26 08:54] 社会資源 | トラックバック(0) | コメント(1) | @
妊婦相談
続きです。妊婦相談と言うことなんですけど~~~
もちろんありますよ!!子育て相談とかの方が有名になっちゃってますけど~市区町村で行ってます。

浅井君のいるつくばでもやっていて、これは健康福祉課の方に問い合わせてみれば分かるんじゃないかな?

広報なんかに載ってるしね。内容はそこによってまちまちなんだけど、大体は妊娠中に気をつけることや、出産に向けての準備、栄養学などなどかな。
あと保健士さんを利用するといろんな事を教えてくれるよ。分からない事は問い合わせてみるといいよね。

病院についてはいまHPでママさんサイトが増えてるからそこで紹介しているよ。出産のやり方もいろいろだからね。自宅出産も増えてるし、水中出産なんてのもある。まあ自分の合ったやり方が見つかるように情報を入れる事が大事だね。

妊娠、出産て男の人が考えているよりも大変なんですよ
[2007/11/24 19:24] 体のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | @
妊娠中相談は~?
わ~~、誤字は申し訳ない。

やっぱり、妊娠出産って大仕事なんだね。今の流れでも、保健が聞かないって言うのが何か府に落ちないね。検診も簡単には受けにくい状況があるのかあ。
でもさあ、子育て相談って言うのを何かで見たことがあるんだけれど、妊娠中相談って、行政はやってないのかなあ。保健所とか保健センターとかで、無料で。ねえ、やってない?調べてみて。

昨日、「うつ病を考える会」を吾妻公民館で開いたよ。
http://www.sinri-soudan.com/asairo/houkoku.html

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

[2007/11/12 22:23] 体のこと | トラックバック(1) | コメント(4) | @
出産について
まずは浅井君!!!誤字多すぎ。。。。。硫安って。。。埋めるって。。。ブラック過ぎでは。。。。

さて、流産にの種類は次回にまわすとして、確かに男の人にはわからない領域だろうと思うんだが~。。。。
女の人の場合、妊娠しても最初はほとんどその実感がわかないらしい。まだ妊娠したことがないからわかんないけど。実際妊娠すると多かれ少なかれ、つわりが始まるんだけどこれは受精卵が発達していくうちに異物と認識されてしまう結果なんだよね。

女の人の体内に宿る命が、体内では最初は異物と認識されてしまうなんて面白いんだけどさ。で、そのうち体内でもこれは大丈夫~ってなってつわりが治まっていくんだよ(~o~)

つわりが治まる頃にはおなかも目立つようになり、胎児も大きくなっていくから、だんだん動き出すようになってくると、なんとな~く実感みたいなものが出てくるらしい。

この辺の感情の動きは個人差がもちろんあるし、子供が欲しいと思ってる思ってないでもかなり変わるんだけどね~。生まれた後はもう母親って実感を持つ人が大多数らしいよ。

と、最後まで順調に妊娠、出産できれば良いんだけど、そう簡単なものではないんです。実際出産は怖いものなんです。というのも生死にかかわることが多いから。。。。。。。

妊娠すると定期的に検診を受けてくださいって言われる。これは最初に妊娠を確認する病院で説明があると思うんだけど。臨月が近づくにつれ1ヶ月に1回が1週間に1回というように短くなっていくんだ。
でも、行かない人が結構いる。その理由として、妊娠を軽く見ていることもあるんだけど、1番は費用の問題。妊娠は病気ではないから保険が利かないんだよね~

実費でエコーとか撮っちゃうから1回で1万とかとんじゃうわけだ。。。となるとあまり検診も行かれないよね~このご時世で。。。
だから検診なんて2,3回しか行かない人も出てくるのさ。もう1つは近くに産科がないってのもあるんだよね。これはよくニュースで言われてるから知ってるかな?

はい!ここで、検診に行かない、行かれないひとの場合。。。自分のかかりつけの医者ってのがいないわけだ。すると~何かあった場合受け入れ先がないのです!!これが最近言われているたらいまわしの原因の1つなのです。

妊娠は病気ではないと言うけれど、怖いことが沢山あるんだよ。流産も1つだけど、妊娠中毒症や早期出産、出産後の産褥熱などなど。。。
どれも下手すると母体にかなりの負担がかかる。もしくは母体や胎児が死にいたるケースなんだよ。そして誰もが陥りやすいケースでもあるんだよね。

こんなに医療が進んでいても妊娠出産で亡くなる人は後を絶たない。それなのに軽く見られているんだよね。だから、妊娠、出産て死に至ることがあるって事だけでも知ってもらいたいよね。    あり

[2007/11/11 08:46] 体のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | @
流産かあ
まずい、本当だねえ。ほとんど、先月は書いて無いや。
どうでもいい、つもりの文章ではないけど・・・
今月からはがんばるぞぉぉぉぉ。

流産って、女性にとってはとてもショックだよね。
それは、男性には想像が出来ないほど。体の一部プラス、生命を死なせてしまったと言う罪悪感や後悔がある。俺も男だから「らしい」とつけたほうが正確なのかもしれないね。しかも、パートナーがその気持ちを分かち合う事が難しいのが、余計に問題を大きくしてしまう事があるみたい。
硫安にも、いろいろと種類があるみたいだね。
そこら辺の報告も待ってるよ。

出産つながりでは、最近、産婦人科医が減っているとか。出産は、母子ともに大仕事で危険なものであると言う認識は一般にはなくて、簡単に埋めてしまうものだという感覚があるよね。俺も、大変そうだけれど、命に関わるのは何かしら異常事態なのかと、今まで思っていたよ。けれど、そうでは無いらしいね。その認識のずれが、クレームや争いの種に。そんなリスクがあるのであれば、激務と言うこともありなり手がいないと。

でさあ、それに加えて、救急車で搬送しても受け入れ先が無いってニュースを最近見たんだよねえ。やっぱり、医者が少ないのかなあって簡単に思っていたんだけど・・・ちょっと待てよと。俺はあまり詳しくないんだけど、妊娠したら検診やら入院やらと結構面倒なぐらい準備ってするんじゃないの?なんで、受け入れ先を決めとかないんだ?予期せぬ早産?あれ?何か違和感があるなあ?と思っていたんだけど、そこんとこはどうなの?


話は変わって、今日は献血に行ってきたよ。他のところで書いたのをそのまま貼り付けとくから興味があったら見てみて。  かず
複数回献血クラブ、
続きを読む
[2007/11/04 06:00] 時事 | トラックバック(1) | コメント(0) | @
繋留流産
浅井君大変だよ!!!10月はほとんど書いてないよ(>_<)
こんなんじゃ~いけないね。最近どうでもいい話ばかりだし。。。。

ということで、今回はちょっとまじめなお話。うちの知り合いが繋留流産(字があってるのかな?)になってしまって残念だったんだけど、流産。。。。というか妊娠については余り知識がないので、ちょっと調べてみました。

繋留流産って言うのは、まず、非常に多いんだって。妊婦さんの15~20%位がなるらしい。
妊娠から6~7週に起こることで、胎芽、胎児が死んでしまうことだそうです。心音が聞こえなくなったり、発育していなかったりする状態で超音波検査でわかるとの事。

原因としては卵自体に異常がある場合。うちらの身体だっていつも正常にしていられるわけじゃないし、体調が悪かったりストレスなんかで生理不順になったりなんてことがあるから、卵に異常が出てしまうのは仕方ないことだよな~って思ってしまうのです。

もう1つは子宮から上手く栄養が行かなかったとき。植物なんかでもそうだけど、ちゃんと水とか肥料とか上げないと枯れちゃうよね。それをイメージするとわかりやすいんじゃないかな。ダイエットとか、偏食なんかで母体自体に栄養が少ないときや摂取していても吸収されてしないときはどうしても卵まで栄養が回らないよね。

そうすると卵が死んでしまうらしい。妊娠したからって急に食べだしても、身体はすぐ適応できないから必要な栄養まで体外に出してしまうでしょ。だって今までそれですごしてきたんだから。。。。。。

だから妊娠を考えている人は、日ごろから食事には気を使わないとね~
せっかく妊娠しても残念な結果になってしまうかも知れないよ。

ちなみに流産したら、おなかからその残骸を取り出す手術を行います。おなかの中に入れたままだと、そこで腐ったりするそうでよくないから。

その後は普通の生活に戻れるそうで、次の妊娠も可能だそうです。流産は辛いことだけど、次にちゃんと赤ちゃんを産めるように勉強だったんだって思っていけたら良いねあり

テーマ:初めての妊娠・出産・育児 - ジャンル:育児

[2007/11/03 08:18] 体のこと | トラックバック(1) | コメント(0) | @
| ホーム |