言葉と感情のコントロールは難しいぞ
いや~、ごめん、ごめ、ありちゃん。一か月空けちゃったよ。
(みおっち、生きてるか?)
ども、ペースは遅くても続けることが大切という精神で行きましょう。
しつこい性格なので、浅井心理相談室は11年、浅井色の雲の会は8年、このブログも7年が経過したよ。ギターの会は9月で56回目を迎えるぞ。
いや~、それぞれのホームページを見直さなきゃな~。目標は、今年中ぐらいでいいかな。(←ま、自分に甘いってことだな。)
Tシャツ、いいでしょ?ドクロを入れてくれというリクエストに応えて出来上がったんだよ。まだあるから、全国、無料で送るよ。
でも、遊びにしてはお金を使いすぎた感があるので、来年はもう少し予算を抑えようかと…

さて、言葉は難しいよね。伝えたい感覚や気持ち、考えを伝える一つの手段なんだけど、普段は手段以上に言葉は全てを伝えられるという思い込みがあるからね。
思っているかどうかではなく、言った言わないが話の焦点になっちゃうのと日常茶飯事の事だよね。

と思ったら、言葉ではなくコミュニケーションの話しに変わってたな。
人は余裕がないと、ネガティブな方に反応して、ネガティブに返す、更にネガティブな表情でネガティブな言葉が返ってくるという負のスパイラルに…なんてことは良くあるよね。
余裕がないから、自分が攻撃されたとか受け入れられていないという感覚を、相手を攻撃してかわそうとするのが心理。でも、その手法は逆公庫になることが多いよね。

自分が、イライラしている時に声をかけなきゃいけない時は、顔に出るのであれば、鏡を見るのはお勧めだよね。客観視すること、少しでも間を置くことが大切。
後は、ちょっとでも良い事を考える。自分が嬉しかった事でも、相手の良い所でも、今日の食事がおいしかった事でもいい。感覚とか、感情というものは、意外と新しい情報に影響されるものなんだ。
そういう様な切り替えを、普段から使えるように習慣化しておくことが大切。一番の敵は、イライラしたままイライラする事ばかり考える事。それはまた別のイライラに結びついて、イライラする経験やら理論やらだけを集めちゃうからね。
下手すると、イライラしている自分が正しい、イライラしている事が正しいから、イライラしていなくてはいけないという感覚になっちゃうことだね。意外とイライラの原因は些細な、小さなものだったりするから。

相手がイライラして、攻撃モードになっている時は、そのイライラを出させてあげて(聞くってことね)、味方だよって雰囲気を作る。心配したり、つらそうに見えるなどを伝える。
問題解決のためのアドバイスや相手が見えていない事実を伝えるのは、その二つが伝わってアドバイスを求めてきた、更にその後の後って感じかな。アドバイスは正しければ正しいほど、敵から言われたらイライラして一生懸命にアドバイスが間違っていると言ってくる。そうするとアドバイスをしたこっちもイライラして…という状態になっちゃうからね。

話しが負のスパイラルになっているなって時は、席を外して深呼吸したり、席を外せない時は、ちょっと水を飲むでもいいよね。そんな簡単な事で?と思うことが実は結構上手くいくものだよ。
後で、謝れるのならば部分だけでも謝る事は、その後の関係づくりとして大切。大きな声を出しちゃってごめんね~なんてね。    かず
スポンサーサイト

テーマ:心の持ち方 - ジャンル:心と身体

[2013/08/26 21:11] 精神保健 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |